自己紹介
写真家 飯村茂樹 滋賀県栗東市在住
1958年、群馬県高崎市生まれ。 足もとの小さな動植物から空に浮かぶ雲まで幅広く撮影。
27歳の時、ヤマセミとの出会いをきっかけに、写真家の道に踏み込む。
自宅から車で1時間以内に行ける場所を主な撮影フィールドにし、出会った自然をひとつひとつ拾い集める。 集めた自然で物語ができれば、それを一冊の本にまとめていく。
カメラとレンズ
2014年春、フィルムカメラからデジタルカメラへ移行する。
常に持ち歩くレンズは、300mm・100mmマクロ・24mm-40mmズーム。 この3本でほぼ全ての撮影が可能。
カメラとレンズは常にマニュアルモード、連写はほとんどしない、作品作りにおいて解像性を最重要視しているのでテレコンは使わない、感度はISO400より上げない。
カメラの動画機能が無駄にならぬよう、「趣味のギター」を撮影しYOUTUBEにUPすることをはじめる。
データ管理
RAWで撮影したデータをAdobe Photoshopで現像、現像時に色温度、明度、彩度、コントラストなどを調整し、ピクセル数を変えないまま解像度を350Pixel/inchにしてJPEGに変換。出版社、印刷所へ回す。(写真1点のデータ量が10M前後になる)
契約フォトライブラリー・アマナイメージズ
アマナイメージズでも、10,872点の写真をご覧頂けます。
・2016年8月以前の作品 6,162点
・2016年9月以降の作品 4,710点 (18年10月 新作168点 追加)
検索覧に表示される「32053」は飯村茂樹の作家番号です。
「32053 タンポポ」「32053 ドングリ」などと検索すると、ご覧になりたい種類だけをまとめて見ることができます。